46P/Wirtanen ウィルタネン彗星

10年おきに好条件がやってくる彗星

1948年に発見された歴史のある彗星です。多くの文献でウィルタネン/ビルタネン彗星と表記されていますが、近年では、より発音に近いとされるワータネンと呼ばれることもあります。

周期が5.4年のため(年の端数が0.5に近い)、回帰は好条件と悪条件が交互に訪れます。私が初めて見たのは2008年の出現でした。光害の強い夕空での出現で、あまり良く見えた印象はありません。9等級の小彗星として見えただけです。5個の私の観測からはH20=9.3の標準等級が得られました。COBSの報告値ではもう少し明るく、8等台の報告も多かったようですが、集光度はDC=3~4と拡散気味でした。

※この2008年の回帰の観測記事(5個)のスケッチ画像等を再編集し、差し替えました(2018年5月)

0046P-2008mag.png

2013年の出現は、太陽の向こう側にあったため、地上からはほとんど見ることが出来ませんでした。

2018年の出現では12月に近日点を通過し、その頃に地球にも0.07auまで大接近します。この彗星としては発見以来最高の観測条件で、前後100年を見渡してもこれ以上の接近はありません。光度は、私の(暗めの)観測からでも最大4等級。COBSの光度式(グラフの青い線)から計算すると3等級に達します。視直径2度(直径0.003auの場合)に達する拡散した彗星が、夕空に見られるかも知れません。

投稿日:


観測記録一覧