46P/Wirtanen ウィルタネン彗星

2018年、地球に大接近する周期彗星

1948年に発見された歴史のある彗星です。彗星名のカナ表記はブレが大きく、ウィルタネン、ビルタネン、ワータネンなどと表記されています。過去の文献ではビルターネン、ウイルターネンなどの表記も見られます。

私が初めて見たのは2008年の出現でした。光害の強い夕空での出現で、あまり良く見えた印象はありません。9等級の小彗星として見えただけです。5個の私の観測からはH20=9.3の標準等級が得られました。COBSの報告値ではもう少し明るく、8等台の報告も多かったようですが、集光度はDC=3~4と拡散気味でした。

※この2008年の回帰の観測記事(5個)のスケッチ画像等を再編集し、差し替えました(2018年5月)

0046P-2008mag.png

2013年の出現は、太陽の向こう側にあったため、地上からはほとんど見ることが出来ませんでした。

2018年の出現では12月に近日点を通過し、その頃に地球に0.07auまで大接近します。この彗星としては発見以来最高の観測条件で、前後100年を見渡してもこれ以上の接近はありません。

11月初旬にはまだ夕方の南の低空にあり、拡散した9等以下の淡い姿でしたが、この後急速に北上し、12月中旬には天頂付近で見上げることになるはずです。その頃には視直径2度(直径0.003auの場合)に達する拡散した姿が見えるかもしれません。光度は、私の(2008年回帰時の暗めの)観測からでも最大4等級。COBSの光度式(グラフの青い線)から計算すると3等級に達するはずです。(2018年の文章のみ一部追記・2018年11月7日)

投稿日:


観測記録一覧

0046P-2018_018-editPosi-30-0.7.jpg

  • 0046P-2018_018.jpg
  • 01.72UT m1=9.5, DC=3, dia=5' (20.3cmシュミットカセグレン 36倍)

非常に拡散しているが、20cm62倍で一度見つけると見やすい。集光はほとんどない。平坦に近い。コマは大きく端は9等星にほぼ接している。100倍で中心のみわかる(わずかに集光)。36倍でも平坦。光度は9等星を巻き込んで測りにくいが、この星や付近の9~10等星にちかい。8.7等星よりは暗い。

0046P-2018_016-editPosi-30-0.8.jpg

  • 0046P-2018_016.jpg
  • 17.79UT m1=7.3, DC=4, dia=15' (5.0cm双眼鏡 7倍)
  • 17.80UT m1=-, DC=3-4, dia=15' (20.3cmシュミットカセグレン 62倍)

依然としてコマは大きいが、核付近の輝きは失われた。20cm62倍で核はわからないが、100倍以上で13等程度の星状核がわかる。167倍~では、集光部のみが目立ち、集光の強い小彗星(直径1')かと思ってしまう。62倍で尾の痕跡はあまりわからず。5cm双眼鏡でもコマはさらに小さい。一見微星状だが注意するとコマが大きく見える。

0046P-2018_015-editPosi-30-0.7.jpg

  • 0046P-2018_015.jpg
  • 09.59UT m1=6.7, DC=2-3, dia=20' (5.0cm双眼鏡 7倍)

おおぐま座の鼻先にある。1週間前と比べてもだいぶ衰えてきた。まだ5cm双眼鏡を振って見つかる明るさ(見やすさ)ではあるが。6等星のそばであるが、コマは接していない。一見集光がないように思えるが、注意すると小さい集光部がありそう(9等の恒星を見ている?)。光度は近くの6等星より暗い。

0046P-2018_014-editPosi-25-0.9.jpg

  • 0046P-2018_014.jpg
  • 03.64UT m1=5.8, DC=3, dia=30' (5.0cm双眼鏡 7倍)

頭上高くスケッチも大変。大きく拡散したコマは変わらない。視野を流しても見つけられる程度には見やすいが、コマの輝度は低く、条件が悪いとまったく見えないかも。集光は弱いが注視すると小さい集光部はわかる。コマの変形はわからず。光度は極端にボカさないとわからない。5.8~6.0等の間にありそう。

0046P-2018_013-editPosi-30-0.9.jpg

  • 0046P-2018_013.jpg
  • 02.62UT m1=-, DC=4-5, dia=7', tail=5' (20.3cmシュミットカセグレン 100倍)
  • 02.64UT m1=5.8, DC=3, dia=20' (5.0cm双眼鏡 7倍)

年明け初のスケッチ。大きいコマは変わらないが、徐々に小さくなっている。核付近は依然として明るい。核は20cm500倍でも恒星状。ちかくの13.1等星とほぼ同じかわずかに暗い。5cm双眼鏡で暗くなっている。集光が弱まっている気がする。

0046P-2018_012-editPosi-35-0.7.jpg

  • 0046P-2018_012.jpg
  • 30.62UT m1=5.8, DC=3, dia=25' (5.0cm双眼鏡 7倍)

天頂に近く、首が痛くなる高度。カペラに近づいた頃はまだ大きかったが、昨日、今日はやや小ぶりになった。しかし、集光はある。コマの雲は見やすい。高度は非常に見積もりにくい。7等ともみえるし、大きくぼかすと5等にもなる。5.87等星とほぼ同じか、わずかに明るい。

0046P-2018_011-editPosi-25-0.8.jpg

  • 0046P-2018_011.jpg
  • 29.62UT m1=6.1, DC=3, dia=20' (5.0cm双眼鏡 7倍)
  • 29.62UT m1=8:, DC=5, dia=12', tail=5' (20.3cmシュミットカセグレン 62倍)

遠ざかっているはずだが、以前より集光。中心の輝きが増しているように思える。核は恒星状で20cm317倍でも13等星の星状。スケッチしている間にもどんどん移動しているのがわかる。視野上方(南の方)に中心からの流れ(尾)があるように思える。コマ自体は大きく、遠くまで拡がっている。望遠鏡では光度はほとんどわからない。5cm双眼鏡でも、やや小さくなったがコマの輝度は上がり集光が増した?近くに6等星があり測光しにくい。6.4等星を巻き込んで5.6等星とほぼ同じ。5.9~6.2等星ともほぼ同じ。

0046P-2018_010-editPosi-30-0.7.jpg

  • 0046P-2018_010.jpg
  • 17.58UT m1=4.3, DC=-, dia=- (0.0cm肉眼 1倍)
  • 17.62UT m1=-, DC=5, dia=25' (11.0cmマクストフカゼグレン 40倍)

11cmで見てみた。よく輝く中央集光がわかり、星状核がわかる。9等星はすでに核から離れている。描いている間にも移動してしまう。核から上方にわずかにコマが濃く、その方向に幅広の尾があるようだが、20cmよりは分かりにくい。外部コマは5等星のそばまで広がっている。肉眼では、月明にもかかわらず面積体としてかすかに見える。

(追記)核を横切り左下から右上に伸びるラインは紙の汚れで、見えたものではありません。

0046P-2018_009-editPosi-30-0.9.jpg

  • 0046P-2018_009.jpg
  • 15.68UT m1=-, DC=5, dia=5', tail=5' (20.3cmシュミットカセグレン 167倍)

20cm望遠鏡だと。中央集光の輝きが見事。数日前より明るい気がする。注視すると、尾が核から伸びているのがわかる。明瞭な輪郭はないが細い。視野全体がコマの中にあるはずだが。一見して7~8等の尾のある集光した明るい彗星のよう。

0046P-2018_008-editPosi-35-0.7.jpg

  • 0046P-2018_008.jpg
  • 15.64UT m1=4.4, DC=4, dia=50' (0.0cm肉眼 1倍)
  • 15.65UT m1=4.9, DC=3-4, dia=35' (5.0cm双眼鏡 7倍)

M45に近づいてきたので、無理して両方視野に入れてみた。46Pはやや中央集光が目立つ。コマは大きく広がり、M45の2分の1以上ある。コマに微星が接している。光度はかなりボカさないと比較が難しい。37Tau(4.3等)よりは暗い。

肉眼では、やはりかすかだが昨日、3日前よりは大きく見やすい。37Tauとほぼ同じ(ただし見にくい)。コマはM45に匹敵する大きさ。

0046P-2018_007-editPosi-40-0.8.jpg

  • 0046P-2018_007.jpg
  • 12.63UT m1=4.9, DC=3, dia=40' (5.0cm双眼鏡 7倍)

肉眼では認めるだけでも辛いが、双眼鏡では実に大きく見える。大きいコマで(幅はξ-οTau間の5分の5~5分の4くらいか)、やや集光があり中心は明るいが星状核は見当たらない。1985年のハレー彗星は、似た大きさだったがもう少し中心が輝いていたと思う。


0046P-2018_006-editPosi-40-0.7-text.jpg

  • 0046P-2018_006.jpg
  • 12.61UT m1=4.9, DC=-, dia=- (0.0cm肉眼 1倍)

肉眼でも目をそらし気味にして、なんとか存在を確認できる。最微星5.1等星で、それよりはわずかに明るい程度。λCet(4.7)にちかい。コマの大きさはわからないが。ξ-οTau間(55')ちかくありそう。

0046P-2018_005-editPosi-30-0.9.jpg

  • 0046P-2018_005.jpg
  • 12.60UT m1=-, DC=4, dia=15', tail=6' (20.3cmシュミットカセグレン 100倍)

前回と同じ20cm100倍でスケッチ。62倍では、尾は不明瞭で100倍以上なら見やすくなる。ごく小さい中央集光の中に核があり、恒星状。500倍でもかろうじて恒星状に見える。尾は100~167倍で見事。細い。それとは別に南東側にも拡がる?コマは視野の2分の1まで薄くひろがる。1時間後に見ると、だいぶ移動していた。

0046P-2018_004-editPosi-35-0.95.jpg

  • 0046P-2018_004.jpg
  • 09.58UT m1=-, DC=4, dia=15', tail=5' (20.3cmシュミットカセグレン 100倍)
  • 09.58UT m1=5.0, DC=2-3, dia=30' (5.0cm双眼鏡 7倍)

今夜も薄雲が拡がっているが、今の時間はまだ大丈夫。5cm双眼鏡で見るより中央集光が目立つ。20cm62倍でも星状核がわかり、細い尾のようなものが伸びているような?核のまわり1'以下の明るい内部コマ。317倍でも星状。近くの12.9等星より明るい。62倍では、北東の10.9等星まで、双眼鏡ではさらに遠くのEE Eriまでコマがかかっている。肉眼でもかろうじて見えたような?(4.7等?:極限等級5.2等)

(補足)「高倍率」といっても、普通の彗星では標準的な100倍です。コマ視直径は視野円とほぼ同じ。細い尾は、尾の方向の予備知識無しで見えましたが、確認してみると計算上の方向とほぼ一致していました。

0046P-2018_003-editPosi-40-0.7.jpg

  • 0046P-2018_003.jpg
  • 08.57UT m1=5.2, DC=2-3, dia=35' (5.0cm双眼鏡 7倍)

19時に見た時は、ほとんど見えず近くの7等星がわかるだけだったが、22時には見やすくなった。ただ、ごく淡く拡散している。ただ大きい。ほとんど集光はないが、注視すると小さい集光部はある。見やすさ(見にくさ)は7等星並み。光度は5.3等星以上5.2等星以下。この時期はまったく晴れず16日ぶりのスケッチになった。すぐに薄雲に覆われ、微星のスケッチは出来ず。

0046P-2018_002-editPosi-50-0.7.jpg

  • 0046P-2018_002.jpg
  • 22.60UT m1=7:, DC=2, dia=6' (20.3cmシュミットカセグレン 36倍)

満月下であまり期待してなかったが、透明度が良いおかげで、ごくかすかで大きい雲がわかる。拡散している。ピントを大きくぼかして見ると、7等星と比較できそうだが、まったく不正確。電線が邪魔。20cm62倍より36倍の方が見やすい。

0046P-2018_001-editPosi-60-0.7.jpg

  • 14.61UT m1=7.8:, DC=2, dia=5' (20.3cmシュミットカセグレン 36倍)
  • 0046P-2018_001.jpg
  • 2018年11月14日23時34分 (20.3cmシュミットカセグレン 36倍)

11月に一瞬だけ見て以来、全く晴れず2週間ぶりにまともに見ることが出来た。今期初スケッチ。極めて拡散して淡く、20cm36倍では南の低空の光害に完全に埋もれてしまっている。ただ、大きく、光度としては明るいようだ。20cm62倍でも集光は弱い。