29P/シュワスマン・ワハマン第1彗星

概要。

29Pは、木星の外側で時折バーストを起こしながら円軌道を描く彗星としてあまりにも有名。

通常15等級前後でそう簡単に見られるものでないと思っていたが、2004年9月にほぼ恒星状の光斑を見たのが初観測になった。ただ、どういう経緯でその時望遠鏡を向けていたのかは覚えておらず、20センチを購入したばかりだったので、目試しのつもりだったのかもしれないし、あるいは何らかのバーストの情報を得ていたのかもしれない。ともかく、運良くバースト初期を観測できた。その時はスケッチは残さなかったので、1週間後に初スケッチを描いた。

以降数年おきに何度かバーストの情報があると望遠鏡を向けたが、特筆すべきは2009年初のバーストで、前年暮れのバーストのあと、さらにバーストを起こし、11等級を上回る明るさとなった。そして8センチ屈折望遠鏡でも観測できた。木星以遠の彗星を見たのはヘール・ボップ彗星以来。

他のバーストを起こす彗星同様、最初は恒星状の核が輝きだし、次第に集光度を落としながらコマを拡大させていくのが特徴。全光度自体はほとんど下がらないが、拡散するので眼視的には次第に見えなくなる(光度が落ちるのは中心の集光部のみを測光するからだろう)。

昔はバーストするとIAUCに載るほど希有な現象のはずだったのに、近年はしょっちゅうバーストしているような印象を受ける。実際に彗星自体が活性化しているのかもしれないし、大口径を扱える彗星観測者が増えたせいかもしれない。

将来、木星軌道のトロヤ群小惑星の探査が計画されているが、この彗星の探査もぜひお願いしたいものだ。

観測継続中のため、今後も追記予定。

投稿日:


観測記録一覧

0029P_015-editPosi.png

  • 10.67UT m1=11.7, DC=6, dia=0.7' (20.3cmSCT 100x)

20度弱の低空ですべての星がぼやける。12等が限界でもう無理かと思っていたところ、気持ちを切り替えて見直したらあっさりと集光の強い小さい姿を確認できた。すでに拡散が始まってコマはある程度の拡がりを持っているようだ。光度は10.5等星よりは暗いが、11.9等星はありそう。視野は微星でかなり溢れているようだ。

29P_2008-10-11.79_stnB.png

MTバージョンアップ後初の試験的投稿。

9月のバースト後初観測。思った以上に大きい!予備知識がなければ、近距離の彗星だと思ってしまう。集光は弱いが、63倍から133倍までどの倍率でも見える。

当初の観測予定には入れてなかったが、観測中に思い出して急遽星図をプリントアウトして追加。