C/2019 Y1 (ATLAS) アトラス彗星

観測記録一覧

2019Y1_001-editPosi-40-0.7.jpg

  • 23.81UT m1=9.2:, DC=4, dia=2' (11.0cmマクストフカゼグレン 50倍)
  • 2019Y1_001.jpg

今まで夕方の空で3回試みたが成功しなかった。昨晩(夕方)も見えず。今朝は、薄明開始前から探し始め、4時25分頃にようやくはっきり捉えられた。10等星のそばにあり、やや集光したコマがわかる。核は不明。ちかくの9.2等星とほぼ同じ。11cm40倍ではほとんどわからず、50倍以上でわかる。86倍ではっきりする。4時40分頃には薄明が勝ってしまった。

(解説)大彗星の期待が高まるC/2019 Y4アトラス彗星とは別の彗星で、こちらはC/1988 A1リラー彗星の分裂核の一つです。リラー彗星ファミリーは他にC/1996 Q1テイバー彗星C/2015 F3スワン彗星が発見されており、これが4つ目となります。崩壊前になんとか見ることが出来て安堵しました。今後は明け方の空で高度をあげていきます。

2019Y1_002-editPosi-40-0.8.jpg

  • 2019Y1_002.jpg
  • 02.80UT m1=8.0, DC=4-5, dia=3' (11.0cmマクストフカゼグレン 40倍)

11cm40倍で、視野に入れてわりとすんなり見える。前回の苦労がウソのよう。地平高度は大事。やや集光のあるコマで、注視すると大きい。近くの8.4~8.5等星よりやや明るい。+0.5等ほど。10.1等星がかすか。9.5等星もかなり暗いので、彗星はかなり明るそう。