123P/West-Hartley ウェスト・ハートレー彗星

観測記録一覧

0123P-2019_004-editPosi-20-0.8.jpg

  • 0123P-2019_004.jpg
  • 08.69UT m1=12.1, DC=3-4, dia=1' (20.3cmシュミットカセグレン 133倍)

1ヶ月ぶり。以前より空の透明度が悪くあまり期待していなかったが、20cm62倍でわかるぐらいあっさり見えた。少し増光しているかも。62倍では微星と区別が付きにくいが133~167倍では小星雲状。集光がある。近くの11.6~12.7等星の中間程度。12.3等星に近い。

0123P-2019_002-editPosi-25-0.6.jpg

  • 0123P-2019_002.jpg
  • 18.83UT m1=12.7, DC=4-5, dia=1' (20.3cmシュミットカセグレン 133倍)

前日の観測では、わずかに不安があったので再観測。今日も別の14等星に近いが、やはり見ることができる。20cm100倍では背景に埋もれる(かすか)だが、133倍~167倍で小さく集光したかすかな姿がわかる。206倍では拡大しすぎて薄れてしまう。近くの14等星の方がみやすいぐらいだが、目をそらし気味にするとよくわかる。C/2018 Y1は12等星の近くで拡散して見えている。

0123P-2019_001-editPosi-25-0.6.jpg

  • 0123P-2019_001.jpg
  • 17.83UT m1=12.7, DC=4, dia=1' (20.3cmシュミットカセグレン 133倍)

60Pは見えず。ついでに向けてみたが、意外にも見える!?(予報上)彗星に接している14.0等星は100倍以上で見え、そのそばにやや拡散した彗星がわかる。集光は強いがコマの形状はわからない。

(補足)数日前まで14等以下でしたが、ここ数日は急増光したらしく、12等台の観測報告がありました。