C/2021 A1 (Leonard) レナード彗星

観測記録一覧

2021A1_001-editPosi-35-0.9.jpg

  • 2021A1_001.jpg
  • 10.82UT m1=10.1, DC=4, dia=3', tail=? (20.3cmシュミットカセグレン 62倍)

期待の?新彗星。すでに10等程度。67Pほどの輝きはなく集光は弱いが、20cm62倍でも見やすい。コマはやや大きめ。小さい集光部が100倍でわかる。100倍ではコマが変形し尾のようにもみえるが淡い。光度は67Pとほぼ同じだが1等以上暗く感じる。

2021A1_003-editPosi-30-0.7-220.jpg

  • 2021A1_003.jpg
  • 26.81UT m1=8.1, DC=5, dia=5', tail=8' (20.3cmシュミットカセグレン 36倍)

まだ下弦の月明が残るが、透明度が良いので見てみた。20cm62倍で一見して尾がわかる。中央の輝きは弱く集光は強くないが、133~167倍では12等程度の微星状の核がわかる。しかし、317倍まで上げるとかえって核がわかりにくい。尾は中央集光部から細くのびている。どの倍率でもわかる。尾の濃さは近くのNGC4631と同じ程度(4631の方がちぎれた尾のよう)。光度は8.2等星とほぼ同じかわずかに明るく7.9等星よりやや暗い。

2021A1_004-editPosi-30-0.8-230.jpg

  • 2021A1_004.jpg
  • 03.84UT m1=6.3, DC=5, dia=12', tail=12' (5.0cm双眼鏡 7倍)

前日見た時はM3よりはかなり(1等)暗く感じたが、今日はほぼ同じに見える。1日で急増光しているのか?集光の強い姿。尾はかすかに細く見える。M3は恒星のように強く集光。20cm36~62倍では尾が淡いが見事。光度は6.2等と見積もり、8.7等星の分0.1等を引いた値。

※12月3日5時07分。m1=7.2 dia=10' DC=5 5cm7倍双眼鏡で目測。

IMG_9454.jpg

2021A1_005-editPosi-35-0.8-220b.jpg

  • 2021A1_005.jpg
  • 04.83UT m1=-, DC=5, dia=7', tail=12' (20.3cmシュミットカセグレン 62倍)
  • 04.84UT m1=6.2, DC=5, dia=12' (5.0cm双眼鏡 7倍)

コマが大きい。目をそらし気味にすると淡い部分はかなり遠くまで拡がっている。尾は中央部からのびているまた、コマの外側からも流れるように尾となっている。構造というほどでもない。スケッチする間にもどんどん彗星の位置が変わってしまう。星状核があり、317倍ではやや(シーイングで)潰れているが12~13等。