C/2018 W2 (Africano) アフリカーノ彗星

観測記録一覧

2018W2_004-editPosi30-0.7.jpg

  • 2018W2_004.jpg
  • 04.60UT m1=9.4, DC=4, dia=3' (20.3cmシュミットカセグレン 62倍)

20cm62倍で視野に入れて見つけられるほどの明るさ。中心部は微星状。よく集光しているが、小さくごく淡いコマが大きく拡がる。100倍の方が中心は見やすい。光度は近くの9.6等星に近いが、暗く見積もると10等以下。大きくピントを外すと9.0等にも近い。移動が速く、スケッチの間に彗星の位置が変わってしまった。

2018W2_002-editPosi-30-0.7.jpg

  • 2018W2_002.jpg
  • 06.79UT m1=10.3, DC=3, dia=3' (20.3cmシュミットカセグレン 62倍)

約1ヶ月ぶり。ずいぶんコマが大きくなった。260Pと2018 W2の2彗星に比べるとだいぶ見やすく、まったく姿が異なる。コマは拡散して20cm62倍では遠くまで拡がっているのがわかる。10等星に接している。集光は弱い。また雲が迫り、薄明もあり時間が限られてしまった。

2018W2_001-editPosi-30-0.8.jpg

  • 2018W2_001.jpg
  • 10.74UT m1=10.6, DC=3, dia=2' (20.3cmシュミットカセグレン 100倍)

1時すぎに空を見ると久々の快晴。透明度はいまいちだったがなんとか5ヶ月ぶりに彗星を見ることができた。20cm62倍で小さな存在がわかる。100倍の方が良い。小さい中央集光があり、コマは拡散しているようだが透明度が悪くよくわからない。目が暗さに慣れてきたところで雲が広がってしまった。微星は描けず。光度は10.6~10.7等(TJ)。U4で11.0等。