このサイトについて。

2006年開設、2013年5月再建。自分が見た天文現象(主に眼視&スケッチ)をただひたすらあげていく感じで。彗星とか、小惑星による恒星食とかに興味があるようです。昔のスケッチあげたり懐古趣味にも浸りたいかと。更新情報は@akwr2でも。

  • 彗星アーカイヴ中の「投稿日」は、観測日時です(突然、数十年前の日付の記事がアップされることがあります)。
  • 星雲星団スケッチの「投稿日」は観測日時ではありません(文字通り記事作成日です)。

0012P-2024_006-editPosi-40-0.8.jpg

  • 0012P-2024_006.jpg
  • 12.41UT m1=7.3, DC=5, dia=5' (11.0cmマクストフカゼグレン 40倍)

実に4ヶ月ぶり。バーストしていない平常な姿では初めて。夕空の低空にもかかわらず、11cm40倍で明瞭なコマ。集光があるのがわかる。輝くほどではない。光度はそばの8等星よりは明るく7.2等星と比較できるほど。

0062P-2023_002-editPosi-30-0.8.jpg

  • 0062P-2023_002.jpg
  • 07.83UT m1=8.6, DC=2, dia=8' (20.3cmシュミットカセグレン 36倍)
  • 07.85UT m1=8.5:, DC=2, dia=10' (5.0cm双眼鏡 7倍)

20cm36倍でともかく大きい。非常に淡く拡散しているが、集光はある。62倍で1'程度の中央集光がわかる。周辺はどこまであるのかわからない。167倍で集光部のみ。核は不明。光度は8.56等星よりわずかに暗く8.65等星よりわずかに明るいとした。5cm7倍双眼鏡でも存在がわかる。拡散しているが、6等星がじゃまで測光がしにくい。

0062P-2023_001-editPosi-30-0.7.jpg

  • 0062P-2023_001.jpg
  • 09.80UT m1=9.1, DC=3, dia=4' (11.0cmマクストフカゼグレン 40倍)

11cm40倍で淡く大きく拡がったコマがわかる。注視すると小さい中央集光がわかる。10等ぐらいかと思ったが、付近の星と比較すると9等以上はありそう。11cmの集光力不足は否めない。透明度の悪さもありそう。

2023H2_001-editPosi-30-0.8.jpg

  • 2023H2_001.jpg
  • 21.82UT m1=9.8, DC=3-4, dia=3' (20.3cmシュミットカセグレン 62倍)

9等星のそば。20cm36倍で小光斑としてわかる。62倍で弱い中央集光がわかる。103Pよりは集光している。光度は9.5等星以下、9.8等星とほぼ同じ。人工衛星が多い。10等の微光流星が高速で流れた。

0103P-2023_002-editPosi-20-0.9.jpg

  • 0103P-2023_002.jpg
  • 21.80UT m1=9.6, DC=2, dia=6' (20.3cmシュミットカセグレン 36倍)

20cm36倍でほとんど集光のない大きめのコマがわかる。62倍に上げると、拡散してかえって見にくくなる。12.0等の恒星がコマの中心にあり、核のよう(光度への寄与分は0.1等程度)。時間がなくスケッチはほとんど見取り図になってしまった。

0012P-2024_004-editPosi-35-0.8.jpg

しばらく薄雲がかかり見えたり見えなかったりだったが、19:40すぎにようやく晴れはっきりわかるようになってきた。167倍では集光自体は強くなく、惑星状星雲のような小円盤状。シーイングで核が潰れているのか?100倍ではほぼ星状。ちかくの11.6等星とほぼ同じか、わずかに明るい。

0002P-2023_001-editPosi-35-0.8.jpg

  • 0002P-2023_001.jpg
  • 18.79UT m1=9.8, DC=2, dia=3' (20.3cmシュミットカセグレン 62倍)

ほとんど集光のない大きいコマ。20cm62倍で意識してわかる。倍率を上げれば弱い集光はわかるが、淡いので核の偏心はいまひとつわからない。103Pより集光は弱く、大きい。光度は10.3等+11.0等の合成等級とほぼ同じ。NGC2604は意識しなかったので見なかった。

0103P-2023_001-editPosi-20-0.8.jpg

  • 0103P-2023_001.jpg
  • 18.77UT m1=10.1, DC=4, dia=2' (20.3cmシュミットカセグレン 62倍)

ぎょしゃ座の天の川の中にあって、視野に輝星・微星が非常に多い。103Pはその中に埋もれるようにしてある。小さくやや集光しているが20cm62倍で注意するとコマは拡がっているよう。光度は10.14等星とほぼ同じ。11.078等と12.00等の合成等級(10.68等)以上。9.9等以下。