このサイトについて。

2006年開設、2013年5月再建。自分が見た天文現象(主に眼視&スケッチ)をただひたすらあげていく感じで。彗星とか、小惑星による恒星食とかに興味があるようです。昔のスケッチあげたり懐古趣味にも浸りたいかと。更新情報は@akwr2でも。

  • 彗星アーカイヴ中の「投稿日」は、観測日時です(数日から数十年の間隔が空くこともあります)。
  • 星雲星団スケッチの「投稿日」は観測日時ではありません(文字通り記事作成日です)。

2017T2_007-editPosi-40-0.7-220t.jpg

  • 2017T2_007.jpg
  • 21.56UT m1=9.5, DC=4, dia=2' (20.3cmシュミットカセグレン 62倍)

20cm62倍で、11等星の周りにかすかな雲状に見える。11等星の輝きが強い。集光はほとんどわからず淡い。ただ、100倍以上で11等星と彗星核が分離でき、167倍では核の強い集光がわかる。コマは流れているように見えるが、定かではない。光度は11等星を巻き込んで付近の9.5等星2つよりわずかに明るい程度(9.3等)。11.1等星を除くと9.5等。NGC957が同視野。微星がまばらに集まる。

NGC3242(木星状星雲)

dso_1299-editPosi-15-0.7-200.jpg

  • dso_1299.jpg
  • 2020年1月3日3時22分 20.3cmシュミットカセグレン800倍(UWA2.5mm)

低倍率でも円盤状に見えるが、500倍以上で写真と同じような構造が見えて驚く。淡い円形の雲の中に、楕円形の目のような輝く部分があり、中心には中心星らしき光点も見える。中の楕円は167倍以上で環状。濃淡があるが、シーイングで潰れている。実におもしろい。外側の雲は800倍でも薄れない。

(補足)大きさや色が木星そっくりに見えるとされることから「木星状星雲」"the Ghost of Jupiter"と呼ばれています。実際の木星よりはやや小さめです。南に低いため、シーイングが悪いと細かい模様はわかりませんが、それでも小口径で構造を楽しめる数少ない惑星状星雲です。20cmで、過剰倍率の800倍まで拡大しても表面輝度が高いおかげで模様は薄れず、写真のように見えて圧巻でした。木星というよりは、瞳のような印象です。中心星は11等級ですが、星雲に埋もれているため見やすくはありません。

NGC2935

dso_1298-editPosi-35-0.7.jpg

  • dso_1298.jpg
  • 2020年1月3日2時56分 20.3cmシュミットカセグレン133倍(SP15mm)

20cm62倍で存在のみ。かすかな光斑。133倍で集光のある拡散した姿。やや小さめ。形状はわからない。

NGC2784

dso_1297-editPosi-40-0.6.jpg

  • dso_1297.jpg
  • 2020年1月3日2時30分 20.3cmシュミットカセグレン133倍(SP15mm)

20cm62倍でよく集光した、拡散した雲状。中心核は星状。ほぼ円形。100倍以上で注意するとごく淡い両腕が伸びるのがわかる。167倍でも核は微星状。

IC2395

dso_1296-editPosi-50-1.0.jpg

  • dso_1296.jpg
  • 2020年1月3日1時57分 20.3cmシュミットカセグレン100倍(PL20mm)

超低空ですべての星が大きくぼける。一つの輝星を端にやや星が箱状に集まっている部分がある。このへんが星団のようだが拡大しても星像が大きくなるだけで微星は見えてこない。

(補足)当地(北緯36.0度)から見られる最も南の天体の一つです(ちなみに私が見た最南端の星団はNGC2547)。赤緯は-48度で、南中高度は6度しかありません。個々の星が明るいおかげでかろうじて見ることが出来ます。箱状の星の内外にも11等以下の星がいくつか集まっているようですが、わかりませんでした。

NGC2207

dso_1295-editPosi-40-0.6.jpg

  • dso_1295.jpg
  • 2020年1月3日0時37分 20.3cmシュミットカセグレン167倍(PL12mm)

20cm62倍でかすかで存在のみ。100倍以上で、微星がそばにあり、星雲がやや東西に平たいらしいことはわかる。拡散しているが、中央集光があり、167倍では拡散。二重には見えてこない。

(補足)おおいぬ座にある微光銀河でIC2163との二重銀河として知られています。しかし、スケッチ時28度の低空にあったためか、注視してもやや潰れてみえるだけで、2207に付随するはずのIC2163はわかりませんでした。もう少し条件が良いか、大きい口径であれば二重銀河に見えるかもしれません。

NGC2298

dso_1294-editPosi-55-0.5-200.jpg

  • dso_1294.jpg
  • 2020年1月3日0時3分 20.3cmシュミットカセグレン100倍(PL20mm)

低空にあり、20cm62倍でかすか。100倍程度で多少見やすいが、淡いことに変わりない。やや集光のある彗星状。星にはまったく分かれない。167倍でもあまり良く見えない。

NGC2217

dso_1293-editPosi-40-0.6.jpg

  • dso_1293.jpg
  • 2020年1月2日23時39分 20.3cm/F10シュミットカセグレン133倍(SP15mm)

低空にあり非常にかすか。20cm62倍でかろうじて存在がわかる。133倍で円形の集光のある星雲。南の2星と三角形。167倍でもやや見やすくなるだけ。