64P/Swift-Gehrels スイフト・ゲーレルス彗星

観測記録一覧

0064P-2018_010-editPosi-40-0.8.jpg

  • 0064P-2018_010.jpg
  • 01.53UT m1=11.2, DC=2, dia=2.5' (20.3cmシュミットカセグレン 100倍)

27日の際はほとんどわからず、もう見えないかと思ったが、高度の高い早い時間に再挑戦してあっさりと見ることができた。ただ、極めて拡散している。コマの大きさはあるので、光度は明るめに出る。20cm62倍~100倍ではほとんど集光がないが、167倍では少し集光し中心のみがわかる(わかりやすい)。光度は10.6等~11.5等の間。11.2等と同じか。

0064P-2018_007-editPosi-30-0.8.jpg

  • 0064P-2018_007.jpg
  • 29.60UT m1=10.2, DC=2-3, dia=4' (20.3cmシュミットカセグレン 62倍)

2週間ぶりだが、大きく拡散した姿は変わらない。集光が弱い。12等星がコマに接している。光度は近くの10等星2つ(10.2、10.4TJ)とほぼ同じ。9等星より暗そうだが、拡散しているため見積もりによっては同じにも思える。20cm36倍では背景光に埋もれ見にくい。

0064P-2018_005-editPosi-30-0.7.jpg

  • 0064P-2018_005.jpg
  • 12.57UT m1=10.3:, DC=3, dia=3' (20.3cmシュミットカセグレン 62倍)

10等星3つに囲まれている。光度が測れないので、観測は見送ろうかと思ったが形として面白いのでスケッチ。20cm62倍では拡散しているが、100倍以上で小さい集光部がわかる。中心核は星状?コマは10等星3つの作る三角形にちょうど収まる。光度は測定しにくい。近くの10.3等星とほぼ同じか。

0064P-2018_002-editPosi-30-0.7.jpg

  • 0064P-2018_002.jpg
  • 20.72UT m1=10.5, DC=2-3, dia=2.5' (20.3cmシュミットカセグレン 100倍)

月が沈む前から向けてみたが、20cm62倍でも大きく拡散したごく淡いコマがわかる。集光が弱く平坦だが、100倍以上では小さい中央集光がわかる。13等程度の星状核があるかと思ったが、集光の中心とはずれているので恒星のよう?光度は近くの10.1~10.7等星に近い。2時01分に視野を下から上へ帯のように輝く黄色の流星が、痕を残しながら一瞬で流れていった。オリオン座流星群?

0064P-2018_001-editPosi-30-0.7.jpg

  • 0064P-2018_001.jpg
  • 06.71UT m1=11.6, DC=3, dia=2' (20.3cmシュミットカセグレン 133倍)

拡散したかすかな姿がわかる。20cm100倍~167倍で確認でき、133倍が最も見やすい。弱い集光があり、中心は13等程度(星状ではない)。コマは大きく拡がっているかも。見え方の印象は近くの13等星に似ているが、光度は12等星よりは明るい。

(補足)8月のバースト以降何度か観測を試み、今回初めて確認できました。