このサイトについて。

2006年開設、2013年5月再建。自分が見た天文現象(主に眼視&スケッチ)をただひたすらあげていく感じで。彗星とか、小惑星による恒星食とかに興味があるようです。昔のスケッチあげたり懐古趣味にも浸りたいかと。更新情報は@akwr2でも。

  • 彗星アーカイヴ中の「投稿日」は、観測日時です(数日から数十年の間隔が空くこともあります)。
  • 星雲星団スケッチの「投稿日」は観測日時ではありません(文字通り記事作成日です)。

2020R4_002-editPosi-40-0.8.jpg

  • 2020R4_002.jpg
  • 14.77UT m1=9.6, DC=2, dia=5' (20.3cmシュミットカセグレン 36倍)

非常に拡散して大きい。20cm62倍で目をそらして小さい集光部とそれを取り巻く淡いコマ。中心部が定めにくい。36倍で掴みどころのない大きく拡散したコマ。光度は近くの9.8等星よりやや明るい。9.3等星よりは暗い。100倍ではほとんどわからない。

2020T2_001-editPosi-25-0.7-220.jpg

  • 2020T2_001.jpg
  • 14.74UT m1=12.3, DC=4-5, dia=1.2' (20.3cmシュミットカセグレン 100倍)

20cm 62倍でかすかな微星状。100倍でやや拡散した集光のある光斑。かなり暗く見にくいが、目をそらすと見やすくなる。光度は近くの12.3等星なみ。133~167倍ではかえって見にくい。

2020R4_001-editPosi-30-0.7-230.jpg

  • 2020R4_001.jpg
  • 05.79UT m1=10.3, DC=3, dia=2' (20.3cmシュミットカセグレン 100倍)

20cm62倍で拡散した光斑のみ。非常にかすかで目をそらさないとわからない。100倍でわずかに集光しているのがわかる。コマは拡散。10.2等星と同じかわずかに暗い。10.6等星よりは明るい。167倍で集光部のみ。スケッチを終えて空を見たら、快晴だったはずの空が全天曇っていた。

NGC3904

dso_1314-editPosi-50-0.7-220.jpg

  • dso_1314.jpg
  • 2021年2月20日3時21分 20.3cm/F10シュミットカセグレン100倍(PL20mm)

低空のためかかなり厳しい。20cm100倍で目をそらしてやっと存在がわかる。微星状で小さい。167倍では見やすくなるが、暗い。集光の弱い小円状。

(補足)20cmでも見るのが厳しい低空の微光銀河ですが、8cmでスケッチした記録がありました(このページのつづき)。20年前は今よりも空が良かったのかも知れません。

NGC3521

dso_1313-editPosi-30-0.8.jpg

  • dso_1313.jpg
  • 2021年2月20日3時00分 20.3cmシュミットカセグレン100倍(PL20mm)

(9.0等 径5'×2')20cm62倍で11等の星状核がよく目立ち、見やすい。少し注意するとそれを取り巻く雲が潰れている。さらに淡い腕が伸びているのがわかる。星雲自体の輝度はない。167倍で星雲に濃淡が見えてきそう。