このサイトについて。

2006年開設、2013年5月再建。自分が見た天文現象(主に眼視&スケッチ)をただひたすらあげていく感じで。彗星とか、小惑星による恒星食とかに興味があるようです。昔のスケッチあげたり懐古趣味にも浸りたいかと。更新情報は@akwr2でも。

  • 彗星アーカイヴ中の「投稿日」は、観測日時です(数日から数十年の間隔が空くこともあります)。
  • 星雲星団スケッチの「投稿日」は観測日時ではありません(文字通り記事作成日です)。

2020F3_001-editPosi-50-0.9-230.jpg

  • 2020F3_001.jpg
  • 19.46UT m1=3.0:, DC=7-8, dia=-, tail=2° (5.0cm双眼鏡 7倍)

3週間近く待ち続けてようやく初対面できた。付近の3等星とほぼ同程度の明るさ。大彗星とはいかなかったが、すっと伸びる淡い尾は見事。わずかに曲がっているのもわかる。コマは集光が強くほぼ恒星状。11cmでは尾もわかり、強く集光し輝くが、低空で構造の詳細はわからず。終始雲が視野の半分以上を覆い、下の3等星2つが同時に見えることさえほとんどなかった。次第に雲が拡がってしまった。

2019Y1_004-editPosi-30-0.7.jpg

  • 2019Y1_004.jpg
  • 14.51UT m1=10.9, DC=3, dia=2.0' (20.3cmシュミットカセグレン 100倍)

20cm62倍では見つけられず、100倍以上でようやくかすかな姿がわかった。以前の明るいイメージが続いていると思っていたので、あまりの減光に驚く。167倍では集光が目立ち、コマの外側は見えないが見やすくはなる。やや集光を感じる。

2017T2_012-editPosi-35-0.7-220.jpg

  • 2017T2_012.jpg
  • 14.49UT m1=8.8, DC=4-5, dia=3' (20.3cmシュミットカセグレン 62倍)

20cm62倍で存在がわかる。目が慣れるとコマが大きく拡がる。集光もあり、62倍で微星状核かと思ったが、167倍ではわからない。100倍でわずかに尾が流れている気もする。

2020F8_001-editPosi-50-0.7-220.jpg

  • 2020F8_001.jpg
  • 13.77UT m1=6.2:, DC=5, dia=5' (11.0cmマクストフカゼグレン 40倍)

導入に手間取って薄明を30分過ぎていた。11cm40倍ですぐにはわからないが、6等星のそばに強い集光の彗星が視野に入った。次第に目が慣れたのか、高度が上がったのか、強い輝きが目立ってきた。6.7等星よりはやや明るいが、5.2等星よりは暗い。

(追記)南半球で、肉眼彗星として話題に上っていたスワン彗星です。一時的な増光ののち、減光に転じましたが、5月14日現在、5~6等台を保っています。

2020年5月2日に起きた、小惑星(451) Patientia(11.6等)によるTYC 5631-00932-1(10.5等星)の食です。

恒星の明るさが10等級、減光等級も1.4等と程良く、掩蔽帯の中心付近での減光確率が100%で、大いに期待した現象でした。夕方には一時的に薄雲が広がりましたが、望遠鏡を設置する時間には晴れ渡りました。ただ、透明度は良くなく、20cm62倍では対象星はほとんど見えません。167倍以上で確認できますが、一番楽に監視できる317倍まで上げることにしました。

20200502-1.jpg 20200503200559.png

10分前には目慣らしも兼ねて監視開始。対象星とその隣りにあるわずかに暗い小惑星が重星のように見えていましたが、すぐにわからなくなりました。予報3分前には117に電話して時報も鳴らし始めました。iPhoneでも同時録音してます。シーイングがイマイチで、時折対象星が消えるように見えてしまうのが気がかりです。

そして予報時刻の22時50分00秒を告げる時報が。ほどなく対象星の明るさに揺らぎが。若干迷いつつもストップウオッチのボタンを押しますが、まだ明るさが残っています。今のは間違いだったか?と思うとさらに明るさの揺らぎ・・・こういうことを数回続けて、今度こそ確かな現象が確認できたと思って声を出しました(後の確認のため)。

しかしやっぱりよくわからない。そう思っていると、対象星がほとんど見えなくなりました。これに気づいた瞬間にもボタンを押しつつ、しかし、気づくと明るさが元に戻っています。混乱のまま予報時刻を過ぎてしまいました。

減光したのは確かですが、結局どのタイミングで潜入・出現が起きたのかよくわからず、煮え切らないまま監視を終えることになってしまいました。

各地の報告からは、対象星が二重星と思われることが分かってきています。最近の観測時には、そのことをある程度想定して(微小な光度変化も見逃さないようにして)いましたが、今回がそれにあたってしまったようです。眼視観測では0.7等を下回る微小減光はお手上げです。

20200502-2.jpg

以下記事の続きで、JOIN-MLに投稿した報告文(抜粋)です。

地球接近小惑星(52768)1998 OR2

(52768)_001-editPosi-30.jpg

  • (52768)_001.jpg

20cm62倍でわかる明るさ。製図にない星で、すぐに見つかったが動きは遅い。数分見て移動がわかる。光度は11.1等級。遅いおかげで測りやすい。

(補足)2020年4月29日に地球に0.042auまで接近する見込みで、スケッチをした25日時点で、すでに0.043auまで接近していました。地球と並走しているため、しばらくは接近した状態が続きます。2079年4月には0.012auまで接近するそうです。

2019Y4_005-editPosi-30-0.6-220.jpg

  • 25.49UT m1=10.0:, DC=1-2, dia=2' (20.3cmシュミットカセグレン 100倍)

20cm 62倍でまったくわからず諦めかけたが、167倍でかすかな光斑を見つけ、100倍でもかすかな存在がわかる。10等星が近く邪魔。167倍では小さな円形の集光。

2017T2_011-editPosi-40-0.7-220.jpg

  • 25.48UT m1=8.6, DC=4, dia=3.5' (20.3cmシュミットカセグレン 62倍)

20cm62倍でわかるが、朝のC/2019 Y1ほどの明るさ、集光はない。それでもコマは目が慣れると次第に大きく見えてくる。意外と拡がっている。尾はわからない。167倍では小さな集光部(核ではない)がわかる。